The Kelownean Pavillion

当ブログではカナダのブリティッシュ・コロンビア州にあるケロウナという町やその周辺地域の情報をまとめています。

Kelowna Corn Maze 【ケロウナ観光ツアー⑤】

どうもみなさん、BenignKnaveです。

 

さあいよいよ恒例となってきたケロウナ観光ツアー。今回は世にも奇妙なCorn Mazeをご紹介したいと思います!

 

Corn Mazeとはカタカナにすれば「コーンメイズ」となるわけですが、日本語に訳せば文字通り「とうもろこし畑の迷路です。カナダやアメリカのような広大な国では畑のサイズも尋常ではなく、迷路のように迷ってしまうこともあります。今回のコーンメイズも迷路のような形をしたとうもろこし畑をかきわけながら、ゴールを目指すというアトラクションとなっています。ただ、かきわけるといってもちゃんと道はできていて、それを辿っていくだけなので決してしんどいものではありません笑。

 

それでは画像を見ていきましょう!

 

f:id:BenignKnave:20190213173121j:plain

画像出典:https://www.botanicgardens.org/chatfield-farms/private-events/corn-maze-private-events

f:id:BenignKnave:20190213173639j:plain

画像出典:https://www.timeout.com/chicago/news/an-outdoor-pop-up-bar-inside-a-corn-maze-is-coming-to-chicago-in-october-091918 (Photo: Pixabay)

これらはケロウナのコーンメイズの写真ではないのですが、ほとんど一緒なのでなんとなく様子がわかっていただけると思います。自分の背丈よりコーンが高いとかなり迷ってしまいますね笑。

 

ところが!ケロウナのコーンメイズが他のコーンメイズと違う点が1つあります!

 

それは…

 

なんと迷路にお化け屋敷要素が入っているということです!畑なので屋敷ではないのですが、迷路の行き止まりにはにお化けたちが待っています。主にホラーシーンの一部が再現されているのですが、結構グロテスクです笑。

 

f:id:BenignKnave:20190213180827j:plain

グロテスクであることは間違いないのですが、結構作りが適当なので思わず笑ってしまいます。ハロウィンの時期に行くとぴったりですね!ちなみに迷路自体の難易度はそれほど高くありません。ただ同じ光景が続くので迷ってしまうと30分くらい出られないこともあります笑。

 

それではアクセス情報です。

 

f:id:BenignKnave:20190213180528p:plain

場所はこちらになります。バスでダウンタウンから20分くらいで行けますよ!ちなみに有料なのですが、受付ではなんとクレジットカードも使えるので現金がない方でもご心配なく。カナダやアメリカでは基本的にクレジットカードはどこでも使えます。ただし毎回PINコードを聞かれるので、忘れないようにしましょう。

 

いかかでしたか?今回の記事を通して少しでもケロウナに興味を持っていただけたら幸いです。それではまた次の記事でお会いしましょう。

ではでは〜

 

 

 

 

 

Downtown Kelowna【ケロウナ観光ツアー④ エンタメ編】

どうもみなさん、BenignKnaveです。

 

今回はいよいよダウンタウン・ケロウナ観光ツアーの最終回です。第1回は概要編、第2回はお店編と来たので、今回はダウンタウンにあるエンターテイメント施設などをご紹介したいと思います。

 

それでは早速覗いてみましょう!

 

 

①オカナガンの歴史がよくわかる博物館 - Okanagan Heritage Museum - 

f:id:BenignKnave:20190209162713j:plain

オカナガンとは以前の記事でもご紹介いたしましたが、ケロウナが存在するエリア一帯の名前です。この地域はオカナガン・バレーと呼ばれており、谷のようになっています。この博物館ではそうしたオカナガンの歴史、伝説、自然などについて学ぶことができます!ケロウナにお越しの際は是非一度足を運んでみてくださいね!

 

f:id:BenignKnave:20190209163044j:plain

館内は撮影自由です。こんな動物の剥製まで展示されているんですね!どれもオカナガンに生息している、あるいは生息していた動物たちですが、みなすべて毛皮が厚くてカナダの冬の厳しさを物語っています。

 

f:id:BenignKnave:20190209163325j:plain

オカナガン出身でカナダ全土で活躍しているアスリートも結構いるんですよ!ちなみにこの博物館の入館料は全てドネーション(寄付)となっています。いくら払うかは入館者次第ですが僕は5ドルほど払っていました!

 

②オカナガン地方名産のワインのミュージアム - Okanagan Wine and Orchard Museum -

f:id:BenignKnave:20190209163949j:plain

ご存知でしたか?オカナガンの一帯はワインが有名なんですよ!それもそのはず、郊外に出ればいたるところに果樹園があります。ワインがよくとれるんですね!当然ワイナリーもたくさんあるので、ワインマニアの方は是非。ちなみに地元の人々はアイスワインにするのも好きで、オカナガン産のアイスワインは格別です!あまりカナダのワインは聞きなれないかと思いますが、一度ハマるとやみつきになりますよ!

 

さあ、本題へ。こちらはそんなオカナガンのワイン事情について詳しく学べる博物館です。ミュージアムショップには当然ワインも揃えてあり、そのままお土産にすることもできます。レジのおばさんと仲良くなれば試飲もできます笑。ちなみにワイングミなるものもあって、そちらも要チェックです!

f:id:BenignKnave:20190209164835j:plain

値段はものによって異なりますが、中には20ドル以内で買えるものも!こちらの博物館も入館料はドネーションです。

 

ダウンタウン最大の本屋さん - Mosaic Books -

f:id:BenignKnave:20190209170614j:plain

こちらはダウンタウンで最大、ケロウナでも1番か2番目の大きさを誇る本屋さんです。扱っている本の種類は多岐に渡るのですが、カナダ人が書いた本などは洋書でもなかなか手に入らないので一冊手に取ってみてはいかがでしょうか?ちなみに僕はSteven Kingの本を探しによくこのお店に来ていました。

 

さらにこのお店で注目すべきなのは、雑貨や靴下なども売っているということ!カナダだけなのか北米全体でそうなのか詳しいことはわからないのですが、この国では長靴下が流行っていて、そのデザインがかなりユニークで楽しめます!前回ご紹介したSo Sweetで売っている靴下がその例です!

 

全く関係ないのですが、僕のお気に入りの靴下の写真を一枚あげておきます笑。

 

f:id:BenignKnave:20190209171255j:plain

アインシュタインと数式ですね笑。見た瞬間に買っちゃいました笑。

 

④冬場はアイススケートが楽しめる広場 - Stuart Park -

f:id:BenignKnave:20190209171648j:plain

こちらの公園では冬になるとアイススケートが楽しめます!クリスマスデコレーションもきれいですので、極寒地獄もすぐに吹っ飛ぶはずです。冬山と船舶のコンビネーションも最高ですね!

 

それではアイススケートの様子をお見せします。

 

f:id:BenignKnave:20190209172953j:plain

絵文字を被せているのは僕なのですが、初心者でもとても楽しめました!初心者用には買い物カートのような形をしたつかまる器具などもあってサポートは充実しているので、初めてという方でもご心配なく。ちなみに印象としてはスキー経験者であれば、ある程度感覚は似ているので、簡単に感じるかもしれません!靴は有料でレンタルできます。

 

f:id:BenignKnave:20190209173339j:plain

近くには熊のイルミネーションもあってとても綺麗でした!インスタ映え間違いなしです笑。

 

⑤ケロウナ最大級のクラブ - Sapphire Nightclub -

f:id:BenignKnave:20190209173949j:plain

こちらはケロウナで1番人気が高いクラブ、Sapphireです。ケロウナ自体小さいので、週末にここのクラブに行こうものなら知り合い最低5人には出くわす覚悟がいりますが、驚異の盛り上がりを見せます笑。

 

f:id:BenignKnave:20190209173652j:plain

音楽の選曲やアルコールにも定評があります。カナダでは19歳にならないとお酒は飲めないので、成年の方は是非一度行ってみることをオススメします!ちなみに未成年は入り口ですぐにバレます笑。ガタイのいい警備員がIDチェックをしているので、くれぐれも偽るのはやめましょう笑。

 

 

いかかでしたか?これでダウンタウン編は完結となります。小さいようで奥が深く、行けば行くほどその魅力にとりつかれ、毎週末は自然と足が向かっている。ケロウナのダウンタウンはそんな場所です。今回の記事が少しでもケロウナ旅行/留学の参考になれば、僕としてはとても嬉しいです。それでは次の記事でお会いしましょう!

ではでは〜





 

Downtown Kelowna【ケロウナ観光ツアー④ お店編】

どうもみなさん、BenignKnaveです。

 

この記事では前回に引き続きダウンタウン・ケロウナについて綴っていきたいと思います。今回は第2編です。ダウンタウンにあるお店やレストランの中で僕が特にオススメしたい場所をご紹介していきます!

 

それでは見ていきましょう! 

 

 

①カナダ名物プーティーンレストラン - Smoke's Poutinerie - 

f:id:BenignKnave:20190207225001j:plain

こちらはカナダの伝統料理「プーティーン」の専門店です。プーティーンは以前の記事でもご紹介しましたが、フライドポテトにチーズをのせてグレイビーソースで味つけた料理なのですが、御察しの通り非常にカロリーが高いです笑。ですが一度食べると病みつきになりますよ!このお店はチェーン店ですが、様々な種類のプーティーンを取り揃えています。コリアンBBQとかもあって一度だけじゃ満足できないですね笑。

 

f:id:BenignKnave:20190208210329j:plain

お手頃サイズで紙の箱に入っているので持ち帰りもできます!

 

②手の込んだ本格日本食レストラン - Momo Sushi -

f:id:BenignKnave:20190207230057j:plain

こちらは「Momo Sushi」と呼ばれる日本食レストランです。海外にいると日本食が恋しくなってくるときはいつか必ず来るはず…。でも心配ご無用!こちらのお店は和のテイストをそのままにオリジナルの味付けがされた日本食を取り扱っています。ちゃんと日本で売っているようなものや、西洋風のアレンジが加えられたものまで様々あるので是非一度立ち寄ってみてください!寿司はもちろん、うどんや定食までメニューもたくさんありますよ。ちなみにブリティッシュ・コロンビア大学の寮に住んでいる学生で、ミールプランと呼ばれる食事用のカードを持っている人であれば、現金での支払いなしでも大丈夫です!

③ケロウナ人気ナンバー1レストラン - Kelly O'Bryan's Neighbourhood Restaurant - 

f:id:BenignKnave:20190208142932j:plain

こちらのお店はケロウナ住民の中で大変人気が高いレストランです。大胆なメニューと確かな食べ応えには定評があり、ブリティッシュ・コロンビア大学の学生なら誰でも一度は来たことがあるほど有名です。決して価格自体はそこまで安いものではないですが、ケロウナに来たら絶対に訪れましょう!普通の料理も美味しいのですが、スムージーも格別です。

 

④巨大アイスリーム屋 - Moo-Lix Ice Cream Shop -

f:id:BenignKnave:20190208144459j:plain

こちらはご覧の通り巨大アイスクリーム屋です!でかい…。さすがカナディアンサイズって感じですね笑。画像のものはキングサイズと呼ばれる一番大きいサイズなのですが、気になるお値段もそこそこビッグでした笑。 

 

f:id:BenignKnave:20190208145053j:plain

こちらの写真の通り、フレーバーが山のようにあります!僕のお気に入りはラズベリーヨーグルトです。ベリー系の味はカナダでは結構一般的に売られていた印象ですね!

 

⑤面白お菓子がたくさんの名物ショップ - So Sweet -

f:id:BenignKnave:20190208141814j:plain
さてさて、いきなりカラフルな画像が飛び込んできました!こちらのSo Sweetは数々の面白お菓子を取り揃えた名物ショップです!お菓子の詰め放題や、ゲーム形式で食べるお菓子など様々な種類のパーティお菓子がずらりと並んでいますので、楽しめること間違いなし!

 

f:id:BenignKnave:20190208142424j:plain

こういうわけのわからない謎の商品も陳列されています笑。中に何が入っているかは開けてのお楽しみ!

しかしこのお店はなんと面白お菓子だけではありません。なんと面白靴下まで取り揃えているのです!こちらの写真をご覧ください。

 

f:id:BenignKnave:20190208141301j:plain

軽く見ただけで100種類以上はありますね!ユニークな靴下がたくさん売られているので、こちらもお見逃しなく笑。

 

⑥外から見ればちょっと怖い仮装グッズ屋さん - Calowna Costume -

f:id:BenignKnave:20190208205453j:plain

このお店では仮装グッズを大量に取り扱っています。ハロウィンの前に行くもよし、友達を驚かす仮装が欲しくなったから行くもよし、見物がてらに行くもよしの非常に楽しいお店です。マスクだけでなく全身衣装も売っているので、ハロウィン何着るか考えるのがめんどくさいときは一発で解決ですね!果たして儲かっているのでしょうか…笑。この写真はしまっている時のものなのですが、照明がないと一層怖いですね笑。このお店の前は夜に一人で通らないようにしましょう。

 

f:id:BenignKnave:20190208205926j:plain

警官グッズも売っていました!北米の警官はかなり威圧感があっていい感じです笑。

 

 

以上ケロウナのお店とレストランについてご紹介させていただきました!お気に入りのお店は見つかりましたか?もちろんこれら以外にもおいしい/面白いお店はたくさんあるのであとはご自分の目で確かめてくださいね!それでは次の記事でお会いしましょう。

ではでは〜

Downtown Kelowna【ケロウナ観光ツアー④ 概要編】

どうもみなさん、BenignKnaveです。

 

今回はケロウナのダウンタウンについてご紹介したいと思います!そもそも「ダウンタウン」という言葉なのですが、日本語に訳せば文字通り「下町」となります。しかし、そこまで大きくない町の場合は「町の中心」として用いられることも多いです。

そのためケロウナで「ダウンタウンに行きたい」と言ったら、町の中心部に行きたいということを意味します。町の中心部には基本的にお店がずらりと並んでおり、エンターテイメントが充実しています。

 

このダウンタウンは非常にたくさん書くことがあるので、3部構成にしたいと思います!まず概要編ではダウンタウンの基本情報について書き、お店編では僕が個人的にオススメしたいレストランおよびショップについて綴り、エンタメ編ではその他のアトラクションについてご紹介したいと思います。

 

というわけで、今回はダウンタウン・ケロウナの概要についてです。

 

まずは地理について軽く触れたいと思います。

そもそもダウンタウンは町のどこらへんに位置しているのでしょう?

 

f:id:BenignKnave:20190207183225p:plain

ケロウナのダウンタウンはオカナガン湖に面した位置にあります。ご覧の通り本当に町の一角にあるだけなので、大規模なものではありませんが、それでも見所はたくさんありますよ!

 

今度はより近くで見てみましょう!

 

f:id:BenignKnave:20190207183732p:plain

こんな感じです。オレンジの20〜30ブロック分がダウンタウンエリアですね。

 

まだどんな感じかちょっと想像つきにくいですよね?

今度は航空写真を見てみましょう!

 

f:id:BenignKnave:20190207183933p:plain

上の画像と全く同じサイズで航空写真にしてみました!こうして見てみるとカラフルですよね?そうなんです。以前の記事でもご紹介しましたが、本当に湖のすぐそばで、しかも緑が豊かな場所なのです。

 

f:id:BenignKnave:20190207184430j:plain

こちらがダウンタウンの西側に位置するCity Parkと呼ばれる公園なのですが、ウォーキングがめちゃめちゃ気持ちいいです笑 夏場は泳ぐ人なんかもいて、とても賑わってます!ちなみにこれは夏の写真なのですが、かなり暑いです。35度くらいになることも普通にあります。

f:id:BenignKnave:20190207184747j:plain

冬場は同じ場所でも全然雰囲気が違いますよね?寒空の下、街灯が煌々と乾いた地面を照らしていてなんとも幻想的です!

 

f:id:BenignKnave:20190207203617j:plain

公園の中心にはケロウナのマスコットキャラクターでもある「オゴポゴ」の像があります。ウミヘビの怪獣なのですが、ネッシー的な存在ですね!

 

さあ湖や公園の話ばかりしていては、いつまでたっても町のご紹介ができないので、次に進むとしましょう笑。

 

f:id:BenignKnave:20190207185027j:plain

こちらが町の中心部です。ちょうどクリスマスに近い時期に撮った写真なのですが、電飾がきれいですね!色彩豊かな建築と相まって、他のアメリカ大陸の町とはまた一味違った雰囲気を醸し出しています。

 

f:id:BenignKnave:20190207185646j:plain

飲食店もかなり立ち並んでいるのですが、それぞれ外で食べるスペースが歩道の中に少し柵で囲ってあってなかなか面白いです。冬場は寒すぎてあまり外は人気ないですけどね笑。

 

f:id:BenignKnave:20190207203426j:plain

こういう路地にもちらほらアートが点在!

f:id:BenignKnave:20190207204206j:plain

町のシンボルであるthe sailsという像です。ここで待ち合わせとかもありましたね。渋谷のハチ公にはかないませんが笑。

 

いかがでしたか?ダウンタウンの概要について少しわかっていただけましたか?次回はダウンタウンの中にあるおすすめレストランや面白い場所などについて書かせていただこうと思います。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

ではでは〜

 

 

Kangaroo Creek Farm【ケロウナ観光ツアー③】

どうもみなさん、BenignKnaveです。

 

今回はKangaroo Creek Farmについてご紹介したいと思います。

 

これはfarmとついていますが実際には牧場ではなく、動物園です。ふれあい動物園に近いですね!動物たちが柵で囲ってある牧場のような開けた場所にいて、自由に触れる場所です。とても癒しになるので是非行ってみてください!ただここで気をつけなければいけないのが、冬の間は閉まってしまうということです。秋の終わりくらいに一旦クローズして春になったらオープンする形になります。カナダのマイナス15度の極寒気候を考えたら当然と言えば当然ですね笑。

 

ではここで実際に飼育されている動物たちを見てみましょう!動物とは言ってもライオンや虎のような獰猛な動物などはいません。もう少しほんわか系の生き物たちが多いです笑。

 

f:id:BenignKnave:20190202185743j:plain

まずはワラビーです!ワラビーは檻の中にいるので触れませんでしたが、見ているだけで癒されますよ!ちなみにこの写真は檻の柵から乗りだして前かがみになりながら撮った苦心の一枚です笑。

 

f:id:BenignKnave:20190202204558j:plain

白いやつも!!

 

f:id:BenignKnave:20190202204736j:plain

こんな珍獣みたいなやつまでいました!リャマの仲間でしょうか?無駄に凛々しい感じが◎ですね笑。

 

f:id:BenignKnave:20190202204628j:plain

カピバラも!ここから下は触れます!

 

f:id:BenignKnave:20190202205134j:plain

エミューですね〜。近づいたらちょっと怖いです笑。

 

f:id:BenignKnave:20190202205028j:plain

お待たせしました!いよいよカンガルーです!お客さんと遊びすぎたのか、バテちゃってる感じの表情がなんとも言えませんね!

 

f:id:BenignKnave:20190209192253j:plain

こんな感じで触れます!写っているのは一緒に行った友達ですが、とても楽しそうでした。

 

f:id:BenignKnave:20190209192331j:plain

抱っこできるコーナーまでありました〜。

 

f:id:BenignKnave:20190209192409j:plain

インコと一緒に写真も撮れちゃいます!充実した1日になりました。

 

 

いかがだったでしょうか?本来カナダにはカンガルーはいないのでオーストラリアからの直輸入ということになるのですが、なかなかこのように触れ合える機会もないのでとてもいい機会になると思います。ちなみに町のかなり北側にあるので移動はバスです。たどり着くまでは結構かかりますがその甲斐はありますよ!

この記事が少しでも充実した週末を送る手立てになれば嬉しいです。それでは次の記事でお会いしましょう!

ではでは〜

カナダという国について

どうもみなさん、BenignKnaveです。

 

今回はケロウナではなく、少しカナダの話をしようと思います。小さな街の話ばかりしても、実際カナダ自体どんな国なのかは掴みにくいですもんね!ここではパートに分けて色々な観点からカナダをご紹介したいと思います。言語の話は、ところどころしているので今回は割愛させていただきます。まず第1回はカナダの自然国民性治安についてです。それでは見ていきましょう!

 

 

カナダの自然

まずカナダという国名を聞いた時に雄大な自然を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。まさしくその通りで、カナダは国土の約半分が森林であり、世界の森林面積の約10%を占めています。特に西側2州のブリティッシュ・コロンビア州とアルバータ州に森林資源が集中しています。特に西海岸付近は比較的温暖な気候であることでも知られています。バンクーバーがあるあたりですね。

 

f:id:BenignKnave:20181213135329p:plain

この地図を見ていただくと、西に濃い緑が集中しているのがわかりますね!この一帯はカナディアンロッキーがあるエリアでもあります。

 

f:id:BenignKnave:20181213135549j:plain

これは実際のカナディアンロッキーの写真ですが、冬のカナディアンロッキーほど美しいものはありません!これだけでカナダに来る価値ありです!スキーリゾートとしてはウィスラーが有名ですね。ケロウナがあるオカナガンの少し東に位置しています。

 

一方国の中心あたりは一般的に何もないと言われていますが、素朴な田舎町が広がっています。ウィニペグレジャイナと呼ばれる町が比較的大きな町に分類されるのですが、緑が豊かで綺麗な場所です!日本人も少ないので、留学先としても近年人気が徐々に高まってきています。

 

そして東側ですね!東側は東側で見所がたくさんあります。基本的にトロントがあるオンタリオ州、フランス語が話されているケベック州、the Maritimesと呼ばれている海洋州ノヴァ・スコシア州、プリンス・エドワード・アイランド州、ニュー・ブランズウィック州から成る)の3地域に部類することができます。

 

f:id:BenignKnave:20181213140006j:plain

なんといってもオンタリオ州ナイアガラの滝です。説明不要の名景なのでぜひ行ってみてください!ちなみにナイアガラの滝があるナイアガラはトロントから少し離れており、電車も通っていないので、トロント発の観光バスで行くのがオススメです。

 

海洋州は素朴な雰囲気で哀愁漂う港町という印象です。僕は行ったことないのですが、カナダの一味違った一面を見ることができますよ!

 

ケベックはあまり自然が豊かな印象はないのですが、中世ヨーロッパの町にタイムスリップしたかのような美しい建築が特徴的です。これに関してはまた別の記事でお話しします。ケベックシティとモントリオールを繋ぐ川は魅力的ですよ!

 

カナダの国民性

一般的にカナダ人はおおらかで気さくな人が多いと言われています。実際の僕の感触としてもその通りで、とにかく優しさがにじみ出ています笑 ここで一つ実体験に基づいた泣けるほど優しいカナダ人のエピソードをご紹介したいと思います。

 

あれは忘れもしない、クリスマスが目前に迫った12月のある日のことでした。友達とアイススケートをするために、スケートリンクに行こうとした時、不慣れなせいか間違ったバスに乗ってしまいました。幾度待っても帰りのバスが来ず、目的地まで4kmくらいだったので思い切って歩こうと思い、高速道路沿いをとぼとぼ一人で歩いていたその時のことです。車が不意に止まって中からおばさんがでてきて、「よかったら乗って行きなよ!」と声をかけてくれて、暖かい車に乗せてくれたのです!さすがにタダで乗るのも悪いなと思い、最後にお礼を言ってお金を少し払おうとしたら「いいのよ」と言ってお金を受け取ろうとせず、かわりにおばさんが、友達に配るために作っていた自作の木製雪だるま人形を一つ僕にプレゼントしてくれました…。

 

f:id:BenignKnave:20181213144055j:plain

その時の雪だるまがこれです。なんとお礼を言っていいかわかりませんでした。最高のクリスマスプレゼントです。今でも大切に机の上に飾ってあります。

 

さあ、話を戻します。カナダ人は非常に謙虚な性格でもあり、何かあるとすぐにsorryと言うことでも知られています。独自のカナダアクセントで口をすぼめて言ったりするので、結構これに関してアメリカからいじられたりもするんですけどね笑。

 

とはいえ、日本人と比べたら自己主張はかなり強いです。自分の意見をはっきりいうことができなければなめられます。相手の言う通りになってしまいます。ですが、しっかり相手の意見も聞こうとするので、自分の意見をきちんと伝えることさえできればなんの問題もありません!よく授業中も生徒が発言したかと思うと、その発言に別の生徒が食いついて、そこから授業関係なく議論に発展するということが頻繁にありました。ですが教師も許容していて、教師も議論を活性化させようとして生徒にいろいろ意見を聞いてみるなど、なんとも元気のいい国です笑。

 

カナダの治安

結論から言うと治安はかなり良いです!普通に旅行したり生活したりするぶんには、よほどのことがない限り命の危険にさらされることはまずありません。しかし、油断は禁物。日本と比べたら治安はまだまだ海外レベル。用心しても盗まれることはよくあります。ここでは注意喚起のためにあえて自分が実際にした少し怖い体験について綴っていこうと思います。

 

まずは盗難です。これは一部の危険な国に比べると比較的起こりにくいですが、僕が住んでいた時も数回盗難にあいました。一回は某コーヒーショップにかばんを忘れたと思い、取りに帰った時には消えていたというもの。店員さんに聞いても知らないの一点張り。まあ自分が悪いのは間違いないのですが、常に自分の身の回りのものには目を配っておきましょう。

 

他には学生(特に外国人)を狙った陰湿な詐欺もあります。とあるMクドナルドで食事を待っていた時のこと。ある男が近づいてきて「すぐ返すから金を一瞬だけ貸してくれ」と言ってきました。胡散臭いとは思ったのですが、男の圧力に圧倒されてお金を貸してしまいました。当然男は消え、お金も戻ってくることはありませんでした。警察(RCMPと呼ばれる騎馬警察)に通報したのですが、こちらが悪いと言われまともに取り合ってもらえませんでした。みなさんも僕の二の舞にならないように気をつけましょう。ただし命の危険を感じたら、お金はすぐに渡した方が無難です。

 

心苦しいエピソードを二つも並べてしまいましたが、カナダは個人的に旅行をした他の国と比べてもトップ3に入るくらい治安は良いです(最近テロの匂いが少ししますが…)。ですが用心に越したことはありません。カナダでは先日大麻が合法になりました。みなさんは危険なことには絶対に近づかないようにくれぐれも注意してください。

 

 

以上今回はカナダの自然、国民性、治安について書かせていただきました。それでは次の記事でお会いしましょう。

ではでは〜

Orchard Park Shopping Centre【ケロウナ観光ツアー②】

どうもみなさん、BenignKnaveです。

 

今回はケロウナ最大のショッピングモールをご紹介したいと思います。Orchard Park Shopping Centreという名前で、通称Orchardと呼ばれるモールなのですが、orchardは英語で「果樹園」であり、このモールは果樹園をモチーフとして作られています。実際、「りんご入り口」と「洋梨入り口」なんかがあったりしてなんとも可愛らしいです(別にケロウナはりんごと洋梨が名産というわけではないです)笑。

 

それでは早速写真をお見せします!

 

f:id:BenignKnave:20181210115838j:plain

店内はこんな感じです。モールとしては普通ですね笑。ですがこのモールの面白いところは、フロアが1階しかないところです。ウォールマートやセイフウェイなどと同じなのですが、基本的に1フロアに様々な売り場およびお店が積み込まれている仕組みです。おそらくお客さんが大量のものを買い込んで、カートで移動することを想定しているのでしょう。また特にケロウナの場合、景観を壊さないようにするためだとも考えられます(ケロウナには街の中心にしかビルがほとんどないのです)。面白いですね!ちなみに写真はハロウィンの時のものです。

 

f:id:BenignKnave:20181210120238j:plain

某人気ブランドのお店もありました!品揃えは日本と全然違うので、カナダではどんなものが流行っているのかチェックしてみるのも面白いですよ〜。

 

f:id:BenignKnave:20181210120615j:plain

化粧品や美容品を扱ったお店が充実していました。

 

f:id:BenignKnave:20181210120749j:plain

美容院も中にあります。待合室にはテレビがあり、カナダの国民的スポーツであるホッケーが常に流れています笑。ちなみに非常に親切な美容室で、混んでいるときは順番までモールの中の他のお店を見て時間を潰して、順番になったら電話で呼んでもらえるシステムです。日本にもあったらいいですね!

 

f:id:BenignKnave:20181210121305j:plain

Edoという名の謎の日本食もフードコートにありました!お味については…ご自身でご賞味あれ笑!

 

f:id:BenignKnave:20181212143335j:plain

こういう一風変わったものを売っているお店もあります笑。入り口から怪しい雰囲気が漂っているのですが、中はなかなかのカオスなグッズが目白押しです。度胸のある方は一度ご覧になっては?

 

f:id:BenignKnave:20181212143601j:plain

このモールに限った話ではないんですが、こういうツッコミどころ満載のお菓子とかを買ってみるのも結構面白いですよね笑。ちなみにこれはカナダ人によると「子どもの頃に食べた懐かしいやつ」らしいです笑。

 


以上Orchard Park Shopping Centreについてでした!ケロウナ留学に行かれる方や旅行での滞在を考えている方は一度はのぞいてみるべきでしょう!それではまた次の記事でお会いしましょう。

ではでは〜